髭が濃い芸能人や該当する人の特徴について解説

髭が濃い男

髭が濃いことで有名な芸能人は多くいる。例えば、俳優の沢村一樹氏。沢村一樹氏は髭を剃っていることもよくあるが、演じる役柄によっては濃い髭を生やしていることもある方である。また山田孝之氏も髭が濃いことで有名な芸能人の1人だ。山田孝之氏は沢村一樹氏とは違い、近年では濃い髭を生やしていることの方が多い。その影響もあって髭が濃いことが1つの特徴ともなっている方である。また俳優の阿部寛氏も濃いヒゲが似合う濃い顔をしていることで有名だ。さらには同じく俳優の竹野内豊氏も濃いヒゲがチャームポイントの1つとなっていることで知られる。この他にも髭が濃いことで有名な芸能人は数多くいる。

そんな髭が濃い芸能人には共通する特徴がある。例えば、髭だけでなく他の部位の毛も濃い傾向にあることだ。一般的に髭が濃い人は男性ホルモンの分泌量が多い傾向にあり、男性ホルモンの分泌量が多いとそれに比例して体毛も濃くなることが多いためこのような特徴が共通点として見受けられる。実際、髭が濃い芸能人を見ると眉毛や腕の毛が一般的な人よりも濃いことがよくある。また髭が濃い芸能人にはソース顔であることが多いという共通点もある。ソース顔とは欧米の人達のような彫りの深い顔のことを示す言葉である。当然、彫りが深くない芸能人でも髭を生やしていることはあるが、このソース顔はより濃いヒゲが似合うこともあって、髭が濃い芸能人の人にはソース顔が多くなっているのである。

 

イケメンになるための濃い髭の効果的な処理方法

イケメンになるためには濃い髭が邪魔だと考える人は決して少なくない。そのような場合にその濃い髭を効果的に処理出来る方法は大きく分けて3つ挙げられる。

1つ目は効果の高い正しい髭剃りの方法を取り入れることだ。男性の多くは正しい髭剃りの方法を学ぶ機械がないため、自己流で髭を剃っているケースがほとんどである。しかし、間違った髭剃りの方法では深くまで髭を剃ることが出来ず、青髭のような状態になってしまったりするのだ。しかし、正しい方法での髭剃りであれば、そのようなことを防ぐこと出来るため、現時点で知らないのであれば、一度剃り方について見直してみると良い。

2つ目の方法は青髭を隠すために作られたクリームを使うことだ。現在生えている髭が濃く、太い場合だといくら正しい方法で剃ったとしてもしばらく経てば、青髭のような状態になってしまうことがよくある。ところが専用のクリームを塗っていれば青髭を上手くカバーして綺麗な肌に見せることが出来るようになる。価格も高くはなく、塗るだけで出来るため手間をかけたくない場合には適した方法だと言える。

3つ目の方法は脱毛してしまうことだ。例えば、ニードル脱毛やレーザー脱毛をしてしまえば、髭が新しく生える機能を破壊することができる。そうすればその後に濃い髭が生えることがなくなる。他の方法と比べると高い費用が必要になるが、一度処理してしまえば、その後は処理の時間などをすべて節約出来るようになるという大きなメリットがこの方法にはあるため、検討する価値は十分にあると言える。

 

髭が濃いのは遺伝?その他の原因と合わせて解説

男性の中には髭が濃いことは遺伝するのではないかと気にしている人がいる。ただ、現在では残念ながら髭の濃さというのは親から子へと遺伝することが多いと考えられているのだ。親が髭が濃い人だった場合、男性ホルモンの分泌が多い遺伝子が子へ遺伝する。そして男性ホルモンは髭を含む体毛を濃く太くする作用を持っているため、その遺伝子が遺伝したということは髭が濃いことも遺伝するのと同じ意味になるのだ。だからこそ親の髭が濃い場合、子にもそれが遺伝することがあると考えられているわけである。

しかし、親の髭が濃いからといって100%子にもその濃さが遺伝するわけではない。なぜなら髭の濃さと言うのは他にも多くの要因があるからだ。例えば、生活習慣。睡眠時間が不足することや、食事の栄養バランスが偏ること、また飲酒や喫煙などをしているような乱れた生活習慣をしている場合男性ホルモンの分泌が過剰になることがある。そして先程も触れたように男性ホルモンは髭を濃くする作用を持っているため、乱れた生活習慣は髭を濃くする可能性があると言えるのだ。また髭を抜いて処理することも髭の濃さに繋がることがある。実は髭というのは抜いて処理をしていると毛根周辺の血管に傷が付くことがあるのだが、血管に傷が付くと体の本能が今度は傷を付けられないようにと毛を太く成長させることがあるのだ。このように髭の濃さというのは親からの遺伝だけでなく、他にも多くの要因がある。

 

PAGE TOP ↑